« 京都検定 | トップページ | 鉄輪(かなわ)の井 »

2017年3月11日 (土)

下鴨神社の「流し雛」と三十三間堂の「春桃会(もものほうえ)」

20170310_210246

20170303_095520
流し雛とは毎年3月3日に下鴨神社で行われる古式ゆかしい行事で、一般公募で選ばれた男女らが、桟俵に乗せた紙雛を境内の御手洗川にそっと流し、厄災を祓います。
当日、参拝者には雛あられ付きの流し雛が授与(有料)されます。

20170303_095141

20170303_095201

20170303_095358

20170303_095534

20170303_095555
糺の森

20170303_100009

20170303_100117

20170303_100122

20170303_100220

20170303_100227

20170303_101540

20170303_101559

20170303_101608

20170303_101611

20170303_101620

20170303_101635

20170303_101651
ここで流し雛を買い求めます。(小)が500円、(大)が1000円です。こんな価格でいいのだろうかと、申し訳なく思ってしまうほど見事な造りです。しかも雛あられまでついてます。

20170303_101708
流し雛は夏の「御手洗まつり」開催の場所でもある、御手洗川で行われます。

20170303_101827
午前11時に始まると聞いていたので、10時前には到着したのですが・・・・この人出です。

20170303_101911

20170303_102131

20170303_102153

20170303_102345

Kyoto_designこのように大小の流し雛が御手洗川に優雅に浮かぶはずなのですが、人が多すぎて撮影ポジションが確保できないと判断し、無念の撤収です。(画像はYouTubeから)

20170303_102600

20170303_084109

20170303_084139
下鴨神社に向かう前、三十三間堂の春桃会(もものほうえ)を参拝させていただきました。
「三十三間堂」の名前にちなんで「三」の重なる3月3日桃の節句に行われる法会で、華道池坊の献花式と華展、千体観音像を特設の高壇から遥拝するなど、縁日(無料公開)の慶祝行事が催されます。

20170303_084232
午前9時の開堂を待つ人々。

20170303_085026

20170303_085752

20170303_091511
堂内は撮影禁止でしたが、1000体を越える仏像群は圧巻でした。

20170303_091653

20170303_091801

20170303_091916

20170303_092048

20170303_092116

20170303_092230

20170303_092320

20170303_092457
このマスコットさんは比叡山延暦寺の「一隅を照らす(いちぐうをてらす)運動」キャラクター「しょうぐうさん(照隅さん)」です。一隅を照らすとは天台宗の開祖である最澄の言葉であり、「一隅(いちぐう)を照らす、 これ則(すなわ)ち国宝なり」 という教えがあり、 「それぞれの立場で精一杯努力する人はみんな、 何者にも代えがたい大事な国の宝だ」 という意味だそうです。

20170303_092540

20170304_181209


 

« 京都検定 | トップページ | 鉄輪(かなわ)の井 »

神社・寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599019/65001992

この記事へのトラックバック一覧です: 下鴨神社の「流し雛」と三十三間堂の「春桃会(もものほうえ)」:

« 京都検定 | トップページ | 鉄輪(かなわ)の井 »