« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月20日 (土)

2017年5月18日 御霊祭(ごりょうまつり)

Goryo_001

Goryo_002
疫病や天変地異を鎮めるため始まったとされる「御霊祭」は、上御霊神社(京都市上京区)にて18日、氏子らが住む同区や北区一帯で営まれ、3基の神輿(みこし)や牛車、剣鉾などが勇壮に練り歩き、大勢の見物人でにぎわった。
(京都新聞より)

Goryo_003

Goryo_004
御霊とは鎮めた怨霊を意味しており、御霊神社はいわば国立怨霊対策神社として創建されました。

Goryo_005

Goryo_006

Goryo_007

Goryo_008

Goryo_009

Goryo_010

Goryo_011

Goryo_012

Goryo_013

Goryo_014
御霊神社にほど近い、氏子でもある桝形商店街の「ふたば」

Goryo_015
もう「みな月」が並んでるんですね

Goryo_016

Goryo_017

Goryo_018

Goryo_019

Goryo_020

Goryo_021

Goryo_022

Goryo_023

Goryo_024

Goryo_025

Goryo_026

Goryo_028

Goryo_029

Goryo_030

Goryo_031

Goryo_032

Goryo_033

Goryo_034

Goryo_035

Goryo_036

Goryo_037

Goryo_038

Goryo_039

Goryo_040

Goryo_041

Goryo_042

Goryo_043

Goryo_044

Goryo_045

Goryo_046

Goryo_047

Goryo_048

Goryo_049

Goryo_050

Goryo_051

Goryo_052

Goryo_053

Goryo_054

Goryo_055

Goryo_056

Goryo_057

Goryo_058

Goryo_059

Goryo_060

Goryo_061

Goryo_062

Goryo_063

Goryo_064

Goryo_065

Goryo_066

Goryo_067

Goryo_068

Goryo_069

Goryo_070

Goryo_071

Goryo_072

Goryo_073

Goryo_074

Goryo_075

Goryo_076

Goryo_077

Goryo_078

Goryo_079

Goryo_080

Goryo_081

Goryo_082

Goryo_083

Goryo_085

Goryo_086

Goryo_088

Goryo_089

Goryo_090

Goryo_091

Goryo_092

Goryo_093

Goryo_094

Goryo_095

Goryo_096

Goryo_097

Goryo_098

Goryo_099

Goryo_100

Goryo_101

Goryo_102

Goryo_103

Goryo_104

Goryo_105

Goryo_106

Goryo_107

Goryo_108

Goryo_109

Goryo_110

Goryo_111

Goryo_113

Goryo_114

Goryo_115

Goryo_116

Goryo_117

Goryo_118

Goryo_119  

Goryo_120

Goryo_121

Goryo_122

Goryo_123

Goryo_126

Goryo_127

Goryo_128

Goryo_129

Goryo_130

Goryo_131

2017年5月15日 (月)

2017年5月5日藤森祭駈馬神事(ふじのもりさい かけうましんじ)

Kakeuma_110
駈馬神事は、古来、早良親王(さわらしんのう)が、天応元年(781年)に陸奥の反乱に対し、征討将軍の勅を受けて、藤森神社に祈誓出陣された際の擬勢を象ったもので、室町時代には、衛門府出仕武官により、江戸時代には、伏見奉行所の、衛士警護の武士や、各藩の馬術指南役、町衆らが、寿及左馬の一字書き、藤下がり、手綱潜り、横乗り、逆立ち、(杉立ち)、矢払い、逆乗り(地藏)等の他、数種の技を、競いあったものであります。行事の形としては、早馬ではなく江戸時代中期に、大陸系の曲芸的な馬術の影響を受けたものと思われます。明治より藤森神社の氏子に引継がれ、毎年5月5日の藤森祭(深草祭)に駈馬神事として奉納されております。昭和の初期までは街道で行っておりましたが、道路及交通事情等により境内参道馬場で行われております。昭和58年より、京都市登録「無形民俗財」に指定され、現在は、1200年前の古来より伝わる、この伝統行事を、藤森神社・藤森神社駈馬保存会・藤森神社駈馬実行委員会・藤森神社氏子により継続公開保存しております。
(藤森神社ホームページより)

Kakeuma_001

Kakeuma_002

Kakeuma_003

Kakeuma_004

Kakeuma_005

Kakeuma_007_2

Kakeuma_008

Kakeuma_009

Kakeuma_010
馬場の小石を取り除く作業が行われています

Kakeuma_011

Kakeuma_012

Kakeuma_013

Kakeuma_014

Kakeuma_015

Kakeuma_016

Kakeuma_017

Kakeuma_018

Kakeuma_019

Kakeuma_020

Kakeuma_021

Kakeuma_022

Kakeuma_023

Kakeuma_024

Kakeuma_025

Kakeuma_026

Kakeuma_027

Kakeuma_028
西門

Kakeuma_029

Kakeuma_030

Kakeuma_031

Kakeuma_032

Kakeuma_034

Kakeuma_035

Kakeuma_036

Kakeuma_050

Kakeuma_038

Kakeuma_040
すでに撮影場所を確保されている方、多数。

Kakeuma_041

Kakeuma_042

Kakeuma_043
近くのセブンイレブンも応援してました。

Kakeuma_044

Kakeuma_045

Kakeuma_048

Kakeuma_049

Kakeuma_050_2

Kakeuma_051

Kakeuma_052

Kakeuma_054

Kakeuma_055

Kakeuma_056

Kakeuma_057

Kakeuma_058

Kakeuma_059

Kakeuma_060

Kakeuma_061

Kakeuma_062

Kakeuma_063

Kakeuma_064

Kakeuma_065

Kakeuma_066

Kakeuma_069

Kakeuma_070

Kakeuma_071

Kakeuma_072

Kakeuma_074

Kakeuma_075

Kakeuma_076

Kakeuma_077

Kakeuma_078

Kakeuma_080

Kakeuma_081

Kakeuma_082

Kakeuma_083

Kakeuma_084

Kakeuma_085

Kakeuma_086

Kakeuma_087

Kakeuma_088

Kakeuma_089

Kakeuma_091

Kakeuma_092

Kakeuma_093

Kakeuma_094

Kakeuma_095

Kakeuma_096

Kakeuma_097

Kakeuma_098

Kakeuma_099

Kakeuma_100

Kakeuma_101

Kakeuma_102

Kakeuma_103

Kakeuma_106

8e9a2632

2017年5月13日 (土)

斎王代 禊の儀(さいおうだい みそぎのぎ)

2g6a7676
斎王代(さいおうだい)禊の儀は、5月15日に行われる葵祭の前儀で、毎年5月4日に下鴨神社と上賀茂神社で交互に行われており、本年は下鴨神社で行われました。葵祭の斎王代以下、女人列40名の女性が身を清める神事です。

Img_1545

Img_1548

Img_1550

Img_1553

Img_1555

Img_1556

Img_1558

Img_1561

Img_1563

Img_1569

Img_1570

Img_1573

Img_1577

Img_1586

Img_1587

2g6a7525

2g6a7529

2g6a7531

2g6a7532

2g6a7535

2g6a7539

2g6a7544

2g6a7547

2g6a7548

2g6a7549

2g6a7555

2g6a7558

2g6a7560

2g6a7563

2g6a7566

2g6a7568

2g6a7571

2g6a7573

2g6a7575

2g6a7577

2g6a7580

2g6a7587

2g6a7601

2g6a7604

2g6a7607

2g6a7612

2g6a7613

2g6a7616

2g6a7619

2g6a7620

2g6a7623

2g6a7628

2g6a7629

2g6a7636

2g6a7642

2g6a7644

2g6a7645
残念ながら私の撮影位置ではこの角度までが精いっぱいで、禊の姿は撮影できませんでした。

0504 ※京都新聞WebSiteに掲載されていた禊の儀

2g6a7649

2g6a7652

2g6a7654

2g6a7658

2g6a7660

2g6a7667

2g6a7674

2g6a7670

« 2017年4月 | トップページ