鳥たち

2017年6月24日 (土)

2017年6月鴨川四条大橋

8e9a4777

8e9a3109

8e9a4548

8e9a3120
東華菜館〜洋風建築物ですが、大正年間から続く中国料理店です。設計はヴォーリズ(アメリカ人。日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家で昭和16年に日本に帰化した。)

8e9a3126

8e9a3127

8e9a4552
アオサギ

8e9a4556

8e9a4586

8e9a3226

8e9a3239
オオサギ

8e9a3249

8e9a3265

8e9a3297

8e9a3307

8e9a3326

8e9a3411

8e9a3578

8e9a3635

8e9a3484
ゴイサギ(五位鷺)

8e9a3488

8e9a3494

8e9a3496

8e9a3741

8e9a3467
セグロセキレイ

8e9a3791

8e9a4596

8e9a4631

8e9a4640

8e9a4653

8e9a4671

8e9a4710
足元に鯉が遡上してきましたが、この大きさではさすがのアオサギ君もスルーしました。

8e9a4741

8e9a4750

8e9a4799

8e9a4802

8e9a4537

8e9a4830

8e9a4833

8e9a4835

8e9a4837

8e9a4838

8e9a4897

8e9a4904

8e9a4907
首までグレーのアオサギは珍しいと思います。

8e9a4914

8e9a4919

8e9a4927

8e9a4935

8e9a4947

8e9a4994

8e9a5016

8e9a5048

8e9a5057

8e9a5063

8e9a5068

8e9a5117

8e9a5146

8e9a5184

8e9a5207

8e9a5209

8e9a5220_1
この魚は、なんと「アマゴ」のようです。山奥の清流にしか棲息しない魚のはずなので、前日(2017年6月21日)の大雨でこの辺りまで流されてきたのだと思います。

8e9a5220

8e9a5259

8e9a5339

Img_2229

Img_2230

Img_2188

Img_2181
手乗り鳩(エサの威力は大きい)

Img_2195

8e9a3093

Img_2207

8e9a4512
 

2016年12月24日 (土)

2016年12月 鴨川のオオバン

20161222_123222

20161222_123223

20161222_123223_2

20161222_123223_3

20161222_123223_4

20161222_123223_5

20161222_123224
鴨川で見慣れない黒い鳥と出会いました。黒っぽい鴨かカイツブリの仲間かと思いましたが、写真を撮ってからネットで調べると、ツル目クイナ科の「オオバン(大鷭)」でした。沖縄にいる「ヤンバルクイナ」と同じクイナ科の鳥なんですね。

Yambal_kuina                                          ヤンバルクイナ

産経新聞のネットニュースに下記の記事が掲載されていました。どうやら琵琶湖に多数飛来しているようです。
            ↓
黒い羽の水鳥「オオバン」が琵琶湖周辺で急増していることが、滋賀県の一斉調査で分かった。今冬は、10年前の3倍近くに当たる約6万羽の生息を確認。日本で越冬したオオバンの6割が琵琶湖に集中していると推定され、増加分の多くは中国からの「移住組」とみられる。現状では、他の生物が食べないような外来植物を好んでエサにしているが、本来は雑食性のため、急激に増えたオオバンの食生活が湖の生態系に及ぼす影響は不明で、専門家らは事態の推移を見守っている。

 滋賀県が今年1月、琵琶湖岸を中心に県内全域で実施した水鳥一斉調査では、過去最多となる6万271羽が確認された。9年前の平成18年(2万2393羽)と比べて2・7倍に増え、今年の調査で確認された全水鳥の生息数(16万9842羽)の3分の1以上を、オオバンが占めた。

全国的な生息数のデータはないが、琵琶湖に次ぐ全国2番目の面積を持つ霞ケ浦(茨城県)でも4千羽程度しか観測されておらず、オオバンの生態を研究する名城大農学部の橋本啓史助教(景観生態学)は国内での越冬数を10万羽以下とみる。国内の6割以上が琵琶湖に集結している状況だ。

 橋本助教は「1990年代後半に中国南部で大規模な洪水が起きて以降、その地域で越冬していた集団がそこを離れて行き場を求め、エサの豊富な琵琶湖へ越冬場所を徐々に定着させていった」と推測する。

 そのエサについては、オオカナダモの茎やキショウブの新芽など他の鳥が食べない外来植物を主に食していることが、琵琶湖での観察で判明。日本野鳥の会滋賀保護研究部長の植田潤さんは「今のところ『外来植物の抑制』という面では有益かもしれないが、長期的には、数の増えたオオバンが湖の生態系に与える影響は分からない」と話す。県自然環境保全課も「動向を見守りたい」と静観している。
【産経ニュースより】

 20161222_092311
さて、この日の初めに戻りましょう。
久しぶりに鷺の群れにも出会いました。

20161222_092745

20161222_092835

20161222_092913

20161222_093100

20161222_093145

20161222_103026
冬の風物詩「ゆりかもめ」

20161222_105004

20161222_105122
ムクドリ(椋鳥)

20161222_110525

20161222_110535

20161222_114631

20161222_114822

20161222_115356

20161222_115853

20161222_115942

20161222_120211

20161222_120419

20161222_120740

20161222_122613
オオバン
嘴が白く、額にも白い額板(がくばん)を持っています。

20161222_122625

20161222_122739

20161222_114616

20161222_122936

20161222_123040

20161222_124037
新参者?のオオバンも他の鳥達と敵対することなく同居してました。

20161222_123436

20161222_123439

20161222_144241
トビのシルエット

20161222_123825

2016年8月 7日 (日)

フクロウの森

20160716_114822

20160715_090441

20160716_120607

20160716_120612
新京極に「フクロウの森」というちょっと不思議な動物園?があると噂を聞いて、訪ねてみました。開園は2015年10月7日だそうです。

20160716_114704
階段を上がり料金を支払い、注意事項の説明を受けます。嬉しいことに写真OK(フラッシュは禁止・・当たり前ですね)、フクロウに触れてもOK・・・ただし首の後ろを指の背で優しく触れること。初心者マークが掲げてあるフクロウは新人でまだ環境に慣れてないから、嫌がるそぶりを見せたら無理に触れないでくださいとのこと。

20160716_114735
本当に目の前50センチの距離にフクロウがいるんです。

20160716_114750

20160716_114852

20160716_115012

20160716_115025

20160716_115033

20160716_115109

20160716_115158

20160716_115330

20160716_115402

20160716_115413
シロフクロウ・・・ハリー・ポッター第一作でハリーにメッセージを届けたあのフクロウです。

20160716_115445

20160716_115448

20160716_115504

20160716_115610

20160716_115625

20160716_115744

20160716_115822

20160716_115923

20160716_120153

20160716_120236

20160716_120248

20160716_120357

 

2016年7月30日 (土)

「進撃の蒼鷺」

20160701_125526_1

20160701_125526_2

20160701_125526

20160701_125527

20160701_125528

20160701_125531_1

20160701_125531_2

20160701_125542

20160701_125546

20160701_125547

20160701_125548_1

20160701_125548

20160701_125550_1

20160701_125550_2

20160701_125550

20160701_125551_1

20160701_113033

20160701_113326

20160701_130050

20160701_130053_1

20160701_130054

20160701_130057

20160701_130101_1

20160701_130101_2

20160701_130101

20160701_115153

20160701_123218

20160701_133444_1

20160701_133444

20160701_133447_1

20160701_133447

20160701_133449

20160701_133452

20160701_133453

20160701_133455

20160701_133456

20160701_133457_1

20160701_133457

20160701_133458_2

20160701_130032

20160707_143648

20160707_143655

20160707_143714

20160716_154242_1

20160716_154242

20160716_154247

20160716_154248

20160716_154249

20160716_154251

2016年6月11日 (土)

カワセミ

20160610_090245_2

20160610_085618
鴨川の上流、高野川。

20160610_090245_1
叡電「修学院」と「一乗寺」の中間あたりの高野川で1年4ヶ月ぶりにカワセミの姿を捉えることができました。やはり綺麗な鳥ですね。

20160610_090244_1

20160610_090245_1_2

20160610_090247

20160610_090259

20160610_093305

20160610_093305_1
 

2016年5月29日 (日)

アオサギ君!いかになんでもそれは無理では・・・

20160528_131207

20160528_121344
2016年5月28日(土)、いつもの穏やかな鴨川の風景でしたが・・・

20160528_121647

20160528_130038

20160528_140957

20160528_135801

20160528_140848

20160528_131024
なにやら水面下を探っているアオサギ君に遭遇し、空気が一変します。

20160528_131031

20160528_131032_1

20160528_131032

20160528_131100
なんだこの魚は・・・現場にいた時は、この大きさなら鯉だろうと思ったのですが・・・

20160528_131101
しかし鯉にしては胴体が長い・・・

20160528_131117_1
重さに耐えかねて、落としますが・・・

20160528_131117
めげずに再トライ

20160528_131204
お腹から尾にかけて長い腹ビレがあります。これは鯉ではなくナマズのようです。

20160528_131206_2

20160528_131208_2

20160528_131212
しかしやっぱり飲み込めなくて落とします。

20160528_131344
でも諦めきれなくて再々トライするも・・・

20160528_131350
飲み込むことができず、落としてしまいました。

20160528_131440
結局ナマズ飲み込みを断念しましたが、あんな大きな魚を飲み込んだら、命を落とす危険性(物理的に)もあったと思うので、アオサギ君は命拾いをしたのではないでしょうか。

2016年5月 1日 (日)

ツバメ

20160429_112042
初夏の訪れを告げるツバメたちが姿を現しました。

20160429_112621
ツバメ
スズメ目ツバメ科ツバメ属に分類される鳥類。古くはツバクラメあるいはツバクロと呼ばれた。

分布
北半球の広い範囲で繁殖する。日本では沖縄県でも繁殖する。日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。

形態
全長は約17 cm、翼開長は約32cm。背は光沢のある藍黒色で、喉と額が赤い。腹は白く、胸に黒い横帯がある。尾は長く切れ込みの深い二股形で、この尾の形をツバメにちなんで燕尾形という。翼が大きく、飛行に適した細長い体型である。脚は短く歩行には不向きで、巣材の泥を求めるとき以外は地面に降りることはめったにない。

生態
飛翔する昆虫などを空中で捕食する。また、水面上を飛行しながら水を飲む。
産卵期は4 - 7月ごろ。一腹卵数は3 - 7。主にメスが抱卵する。抱卵日数は13 - 17日。その後の巣内での育雛日数は20 - 24日。1回目の繁殖の巣立ち率は概ね50%程度と推定される。

人間との関係
日本においては、水稲栽培において穀物を食べず害虫を食べてくれる益鳥として古くから大切にされ、ツバメを殺したり巣や雛に悪戯をする事を慣習的に禁じ、農村部を中心に大切に扱われてきた。「人が住む環境に営巣する」という習性から、地方によっては、人の出入りの多い家、商家の参考となり、商売繁盛の印ともなっている。泥と枯草を唾液で固めて巣を造る。ほとんど人工物に造巣し、民家の軒先など人が住む環境と同じ場所で繁殖する傾向が顕著である。これは、天敵であるカラスなどが近寄りにくいからだと考えられている。また、ツバメの巣のある家は安全であるという言い伝えもあり、巣立っていった後の巣を大切に残しておくことも多い。
(Wikipediaより)

20160429_114216

20160429_112915

20160429_114533

20160429_124143

20160429_114217

2016年2月18日 (木)

2016年2月鴨川の鳥たち

20160206_130018

20160212_101541

20160206_122312

20160121_110611

20160121_114921

20160121_115006
脚環をはめられているゆりかもめがいました。どこかの国の調査機関が調べているのでしょう。

20160121_115447

20160121_115931

20160121_120508

20160121_120637

20160121_120957

20160121_121107

20160206_115024

20160206_122303

20160206_123251

20160206_130336

20160206_123300

20160206_130433

20160206_130434_2

20160206_130515

20160206_130523

20160211_103915

20160211_120909

20160211_130344

20160211_132731

20160211_133542

20160211_141347

20160211_141624

20160211_141657

20160212_095622

20160212_101147

20160212_104348

20160212_104354

2015年12月19日 (土)

2015年12月鴨川の鳥たち

20151217_122141
冬の渡り鳥「ユリカモメ」が今年も鴨川に姿をみせています。



【動画】
近寄ってきた鳩にパンを少し与えたら・・・30mほど先の水面に浮かんでいたユリカモメの群れが「エサだ」とばかりに集まってきました。生命力強そうです。

20151217_083252

20151217_082208

20151217_082350

20151217_082753

20151217_083001

20151217_084134

20151217_084452

20151217_084628

20151217_085013




20151217_115015

かわう

20151217_115150

20151217_115514
ハクセキレイ

20151217_120131
キセキレイ

20151217_082925

20151217_120515

20151217_120757

20151217_121303

20151217_121342_2

20151217_122128

20151217_122140

20151217_122143

20151217_122227

20151217_122253

20151217_122254

20151217_122339

20151217_122340

20151217_124906

20151217_130158
これは白い鳩

20151217_131124
セグロセキレイ

20151217_131159

20151217_131455

20151217_120506
悩み事でもあるのか、複雑な表情のコサギ。

2015年9月12日 (土)

2015年8月サギたちの昼食会

20150808_093841
見事にオイカワを捕獲したコサギ

20150808_090732_2
ゴイサギ

20150808_090951

20150808_093113

20150808_093629

20150808_093327

20150808_093836

20150808_093846

20150808_093855

20150911_123902

20150911_125208

20150911_140526
ダイサギ

20150911_140610
アオサギのボディ

20150911_141621
再びダイサギ

20150911_141633

20150911_141635_1

20150911_141810

20150808_073839
アオサギ

20150808_073905
二匹同時に捕獲してしまいました

より以前の記事一覧